水仙の風景いっぱい駆け足旅

2008年のウィーン学友協会ホールでのコーラスの演奏旅行で、ヨーロッパが大好きに! 駆け足の旅ですが「撮る」ことを楽しんでいます

写真を「撮る」ことが好きです^o^
今はiフォンが主で、上手ではなくても四角の枠に自分なりに考えて撮ってます。思い出の昔の写真から楽しみながらアップしていきたいと思います

新しいカメラ

カメラはずっと欲しいとは思っていたけれど、買うならデジカメでは物足りないし、かといって一眼レフは大仰だし、とても私にはとても使いこなせない。第一重いから肩が凝る(笑)。今時はiフォンで十分綺麗に撮れるし枚数も旅行で撮るのも相当撮っても何とかなると思っていた。


しかし、ミラーレス一眼レフならかなり小型で軽く、私も勉強したらそのうち使えるようになりそう。そして金額も、確かに最低でも10万前後で安くはないけれど、一眼レフのように各種のレンズを買うことはないし、それほどはしない。


ネットで色々な会社の物を調べ、既に一眼レフで写真を撮っている友達に聞くとミラーレスはここ2.3年で随分進化しているので一眼レフよりお勧めだと聞くと、段々欲しくなってきた。これまでチラチラ量販店で見るけれど何だか私なんぞ畏れ多くて近寄ることは出来なかっった。

iフォンでもちゃんとピンとは合わせられるし、かなりの鮮明さで撮れる。でも奥行感となるとそりゃあ全然違う。元々電話に色々な機能が付いたものと最初から撮るためのカメラでは違って当たり前だ。新しい機種が出ると話題になるし、春になって緑濃くなると映り具合は余計に気になってくる。かなりネットで色々調べたら、やはり実際に持って比べてみたい。


TVでも私が行ったことのあるクロアチアの美しい景色をこんなにきれいに撮れますよ、とか子供の動きの速い姿をこんなに綺麗にとらえますよと宣伝している。ネットで見たところ、Canon EOS KISS M EF-M15-45 がいいんじゃないかとあたりを付けて、母を送って行った帰りに、池袋の量販店に寄ってみた。
たまたま説明をしてくれたのはニコンの会社から来ている人だった。でも私が先ず何をどういうスチュエーションで使うつもりなのかを聞いて真剣に考えてくれての推薦がパナソニックのルミックスG9だった。


軽くて起動が早いのに驚いた。勿論これまで知っているデジカメとは天地の差があることはわかる。ただ実際に他の機種で同じことをして試してくれると、差が歴然。連写の必要性はないけど、シヤッター時間が短い方がイライラしないで嬉しい。また望遠など大きな替えレンズを使うほどの腕もないので、別売りで高いレンズを揃えなくてはならないのは困る。その点、ルミックスは替えの単焦点レンズがついて、シャッター時間が短いのはありがたい。


しかもだ、正価で購入すると9万以上掛かるところ、ほぼ同じ機能で色が増えたG10が出たばかりなので、出てからはG9は68000円台迄下げている上量販店によっては57000円迄落としてくれると言う。ポイントで保護フィルターなどのアクセサリーを買うことができる。それをニコン君が押してくれる。うーん、悩む。自分の稼ぎがない身としてはとてとも高い買い物になるからだ。


でもカメラは一度買えばそんなにしょっちゅう買い替えないし…丁度誕生日前だし…結局1日待つことにした。翌日行くと既にあの価格のG9は売り切れ。あ~残念!! でも私は直ぐお向かいの量販店にも一応行ってどの程度になるのかチェックして、ちゃんと名刺ももらっていた。そちらに回るとラスト1台が残っていた、ラッキー!。でも昨日の人と違うので価格交渉は今日の価格でという。他の店でもネットでも57000円迄下がっているし、昨日の人の名刺もあるから、とお願いして昨日の値段で買うことになった。


そういうことで、私は自分の誕生日プレゼントをこのミラーレスカメラを手に入れた。

10㎝ちよっとの大きさで本当にコンパクト。バックに入れてもそれほど大きくてじゃまという感じはない。

替えの単焦点レンズを付けたところ。やはり幅があるのでごつい感じがする。

皮のカバーを付けるとこんな感じ。保護として使うけれど、撮る時は上は外して下のカバーにする。


ファインダーなしで、大きなタッチパネルにもなるモニターで。これはあげると自撮りができ、その時はシャッターが左で押せる(私は多分使わないと思う(笑))。中央部分にはフラッシュが収まっている。

普通のデジカメと同じで、自動の風景・顔・動くもの・夜景等10数種類の選択ができ、他にも色々な設定ができる。売りは4K撮影と動画で、とてもクリアに撮れる。そして映した後から焦点を変更できる機能、またその焦点を後ろ・中央・前のそれぞれに移動してり、ぴったりの部分を合わせて全部に焦点が合ったクリア写真にもできる。数枚の連写の中で一番気に入ったものを残すこともできる。「もし」色々な機能を使いこなせれば素晴らしいことだ(笑)。


2月からずっと主人と温泉に行こうと言っていたのだが、なかなか主人の予定が合わず、キャンセルしたりして、やっと4月末に日程を決めていた。しかし私はインフルエンザの後なかなか怠さが取れずどうかなぁと思ったけれど、温泉だし体調もまずまずで決行。お試しにこのカメラを持っていったが、途中で知らない間にどこかを触ってしまい、1度シヤッターを押すと何度もシャッターがキレてしまってどこを治せばいいのかさえ分からなかったりで、散々だった(笑)。
何枚か携帯とは違う写真が取れていたが、それぞれ難が出てしまう。
これは全体のピントがぼけている

桜のしべまではっきりと写ってはいるが、思った場所とピントがずれている

これもピントがずれている

山の色が飛んでしまった

確かにこれだけ技術が詰まったものだから、なかなか使いこなすのは難しいだろう。結局最低限のことを覚えるのが精いっぱいかもしれない^^;。同じ場所をiフォンとカメラで撮ってみたり、広がりを比べたり少しずつ触って試して面白かった。何か考えることは良いと思うので、少しずつ色々試して楽しみたいと思う。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。