水仙の風景いっぱい駆け足旅

2008年のウィーン学友協会ホールでのコーラスの演奏旅行で、ヨーロッパが大好きに! 駆け足の旅ですが「撮る」ことを楽しんでいます

写真を「撮る」ことが好きです^o^
今はiフォンが主で、上手ではなくても四角の枠に自分なりに考えて撮ってます。思い出の昔の写真から楽しみながらアップしていきたいと思います

中欧ヨーロッパ旅行・ウィーンへ 2日目夜まで 

オーストリアの西、ドイツ寄りのハルシュタットから北東の端のウィーン迄移動。ウィーンシェーンブルン宮殿近くののホテルに連泊する。


今度は無骨な切り立った山と緑の牧草と菜の花、湖が広がるバスからの景色も楽しむ。ずーっと続く菜の花に感動して同じだと分かっていても何枚も写真を撮ってしまう(笑)。黄緑が生き生きして菜の花が映える。そしてまた道路のすぐ近くでのんびり草をはむ馬・羊・牛たち。本当に癒される広々とした景色だ。
バスの窓からの写真なので「子供にシートベルトを」のマークが入ったりしているが(笑)絵葉書の1シーンみたいでしょ?



川の流れと緑はよく合う

段々山の風貌が変わる

街に1つある教会の近くには大抵背の高い棒に飾りがある。キラキラした長い飾りの時もあるが、あれは宗教的な何かだろうか?

ヨットも沢山停泊していた

そして菜の花畑!! 青い空と草原と菜の花がずーっとずーっと続くのだ。

途中でトイレ休憩。添乗員さんが色々調べて、極力お金の掛からない余り混まないマックやガソリンスタンドなどを選んでくれる。外は暑いのでアイスを食べた。

段々街中に入って行く

バスを降りて夕食の場所迄少し歩く


なかなか面白い置物や飾りの多いお店だ 誰が考えるんだろう(笑)

入口の扉には船が飛び出しているし…

パンケーキの細切りのスープ。本来かなりの塩・胡椒が効いているものらしいが、日本人に合わせて薄味になっていた。というかほぼ味のないまずいもので、元々の味で良かったのに~と思う

オーストリアの名物シュニッツェル。これも合わせて小さ目で、10年前のシュニッツエルはお皿から出ていた(笑)。大きくても薄いので案外食べやすい

二度目のザッハートルテ ジャムが挟まったタイプ。もういいかな…(笑)

古いピアノが置いてあった夜遅くには演奏しながらのディナーになるのだろう


美味しくいただいてホテルへ向かう

ホテルは郊外なのでバスで20~30分程度
着きました~、パークホテルシェーンブルン。なかなか気持ちのよいホテルで、シェーンブルンまで歩いていけるのがいい

ロの字型になっている客室の中庭

部屋の窓からの眺め やはり煙突がいい 午後9時半頃でこんな感じ

クラシックな建物に灯りがともっていい感じ

2連泊なので、明日の荷物はバスに持って行くものだけで良い。
初めての画像の移動もスムーズだし、順調だ。明日が一番ハードな歩きなので早めに眠る。











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。