水仙の風景いっぱい駆け足旅

2008年のウィーン学友協会ホールでのコーラスの演奏旅行で、ヨーロッパが大好きに! 駆け足の旅ですが「撮る」ことを楽しんでいます

写真を「撮る」ことが好きです^o^
今はiフォンが主で、上手ではなくても四角の枠に自分なりに考えて撮ってます。思い出の昔の写真から楽しみながらアップしていきたいと思います

イタリア旅行 ベネツィアから帰国へ

朝、食事の前に最後に運河の街を散歩してきた。
建物と運河の間には屋台の朝市がたっている。日本で見るのと変わらない野菜や果物

エビ以外はよくわからない海産物(笑)

こちらは魚の切り身。ぶりではないけれどかなり大きな魚もあってびっくり

ホテルから北に向かう運河をたどるってみる

ランニングしている人もいる。岸にはボートなど個人使用のボート類が接岸されている。

ペルソナは窓や扉ごとに違って時代を感じさせるが、バルコニーの模様や鉄の透かし模様も古い時代のもの

大理石は黒くすすけている部分もあるし、潮風で真っ白になっている部分もある

路地が続いているが、煉瓦の上に漆喰のように塗られている壁がはげているのがわかる

地盤はけんごではないので、傾いている場所は多々ある。

大理石の階段を下りて船に乗る

縦横に運河が走るので、水辺を船が下を走れるように小さな橋が沢山かかっている

一番先は北に向かった海に出る。むこーの山には雪が見える

昨日晩御飯を食べたレストラン

ホテルでの最後の食事もしっかりいただく。パンがとてもおいしかった

一緒のテーブルの姉妹はうちの区内にお勤めとのこと。もう少し早く知っていたらもっと色々と話ができたのに残念^^;

すてきなホテルを後に、サンタルチア駅の横から大運河を通って空港迄船で移動する。


段々本島を離れていく


段々ベネツィア本島から離れていくのが名残惜しい
海の向こう北側には、遠くのアルプスの山々に雪が積もっているのが見える

船が通る道には誘導路のように両脇に杭の道が作ってある。


いよいよベニス・マルコポーロ空港に近づく

エアポート直結の船着き場へ

空港に面白い人形があった(笑)

成田に向けて帰国の途につく

サヨナラ、イタリア! スロベニア方向へ

何と初めてのロシア側ではないルートで戻る。カスピ海を越え

黒海を越えていく。ただし下は真っ暗なので時折街の灯りが見える位で残念。

このルートでヨーロッパから戻るのは初めてなのでちょっと興奮、見えるわけじゃないけど(笑)何だか不思議な感じ。

見えても雲か…

雪の山(笑)

たった8日間の、飛行機移動を省けば実動5日の観光だったのに、2週間位各地を巡ってきた様な気がする(笑)中身の濃い時間だった。
オプションなしのツアー旅行を選んだので少しの自由時間意外全てが決められていたが、行く場所は選べない代わりに個人での予約やチケットなどの心配は全く要らなくて楽ちんだった。


どの街も素敵で、建物も自然も歴史を感じる感動だらけの楽しい旅だった。
デジカメと携帯の時間設定が同じでなかったので、どこだったっけ?なんていうのもあるけれど、写真を撮っているときが楽しいのでまぁいいかなと思う(笑)


こうして2年経って改めて写真の整理をし直していても、とても楽しい。感動にまかせて撮っているので人に見せることは意識しておらず、アップするには今一つのところも多々ある。次回からはちょっと残ることも意識しようかな^^;。


主人は実は海外旅行はあまり乗り気ではない(笑)。石畳が多いのと似たような街街が好きじゃないらしい。私に一緒に旅を楽しめる友達がいれば一番いいのだが、そういう友もいないので気軽に文句が言えるのは主人ということになる。老後を考えなさいという時代に余裕があるわけじゃないが、行けるときに行っておきたいと思う。


コーラスの2度の公演旅行を入れて5回のヨーロッパ…10年足らずでよく行ったものだ。駆け足旅とはいえ、国で言うとオーストリア・ドイツ・フランス・スイス・オランダ・ベルギー・ルクセンブルグ・イタリア・バチカン・スロベニア・クロアチア・ボスニアヘルツェゴビナの13か国を回ったことになる。


ついでに、全く気にしていなかったけれど、数えたら世界遺産が34個も入っていた。そりゃー感動するところばかりなわけだ(笑)。


この間に父が認知症で寝たきりになって母も認知症になった。娘と息子が結婚し子供ができた。家をリフォームした。父が亡くなり母と同居した。主人は転職し、今年で定年だ。
50代の10年ほどって子供も自立して結構な変化があるもんだ。その中で、弱虫で根性なしの私は心の揺れを旅行で保ってきた気もする。


今年は父の三回忌、母の施設のことも本格的に考えねばならないだろう。主人の仕事もどうなるのかな…ということで、本来なら将来を見据えて生活を自粛し手大人しく暮らすべきなんだけど、中欧ヨーロッパ(オーストリア・ハンガリー・スロバキア・チェコ)の旅を目論んでいる^^;。去年6月のクロアチアで暑い思いをしたので本当は3月に行きたかったのだが、コーラスの沖縄公演が控えている。5月以降になるけど、どっか行きたい(笑)


1月末から体調不良と気持ちの落ち込みから脱却しようと、今迄の旅行を反芻してブログに写真を載せ始め、気が付けば3月だ。この具合だと、あっという間に時間がたってしまいそうだ。せねばならないことはいっぱいある。少しでもそれらを進めた自分へのご褒美にできればいいな。


本当は詳細な老後の予定を計画立て、きちんとした日々を送るべきなんだろうけど…何か色々考えるのもおっくう(笑)。祖母も父も母もボケた。ものぐさな私もきっとボケるだろうから、今のうちに好きなことをしておきたいとも思うのだ。頭と体がどちらも元気な時間ってどのくらい残っているのだろう? 


ケセラセラ♪ 明日のことは明日考えよう、ルンルン




















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。