水仙の風景いっぱい駆け足旅

2008年のウィーン学友協会ホールでのコーラスの演奏旅行で、ヨーロッパが大好きに! 駆け足の旅ですが「撮る」ことを楽しんでいます

写真を「撮る」ことが好きです^o^
今はiフォンが主で、上手ではなくても四角の枠に自分なりに考えて撮ってます。思い出の昔の写真から楽しみながらアップしていきたいと思います

アムステルダム公演旅行 6日目 ブリュッセル観光 3 夜

グランパレに戻ったのは夕焼けの頃。夕闇に灯りが付き始めた建物が、昼間とは違う雰囲気を見せてくれわくわくしてくる。それが真っ暗になるとまた変わるので昼間と同じ位置で写真を撮るが、なかなか思い通りのものは撮れず残念。


イルミネーションとは聞いていたが、スケールの大きな建物自体を照らすことに驚いたのは勿論、どうも広場で「これからクリスマスが始まるよ」セレモニーが大規模で行われるらしく、TV局もスタンバイしている。


何度か訪れている人の一押しのお店でベルギー料理を食べながら、窓の外の広場でのイベントが見られるなんてラッキー!! クリスマスの始まりを祝う人たちの素晴らしいセレモニーの日に当って、それを見学できて感動だった。
昼間はなかった木々へのイルミネーションも「今日」から始まるらしい♬


シーフードと野菜をお店の前にドーンと展示して呼び込みをしている

グランパレの夜の姿、夢の世界


お昼は市庁舎のベランダから結婚式の人たちが手を振っていたが…


馬車の起点になっていた市庁舎横も…


待ち合わせのお店は、中世のギルドハウスの雰囲気を持つ「ラ・ローズ・ブンシェ」の3階の窓側の席♪ 

ここは中二階の雰囲気あるエリア

何にしようかねぇ、と真剣(笑)詳しい人に助言してもらって皆で飲んで食べる。

1個食べたらその殻でそぎ取って食べ、汁もスプーンみたいにしてすくうムール貝の食べ方も教えてもらう。予想より美味しくてあっという間に食べてしまった(笑)

窓から予想外の動くイルミネーションが見えだして、びっくり。色の選択はちょっと疑問だが(笑)スケールが違う。

思わず外に出て写真を撮りに行く(笑)加納先生もいらした、こういうところは確かに似てるのかも^^;3階から仲間が手を振っている

暗い中にわかにざわざわしはじめる

人が移動し始め、イルミネーションのツリーの下が明るくなった

突然馬の形の人形が白く輝いて動き出した!!

イルミネーションの1つかと思ったら3頭の馬が動き出した

お店の一階まで出てみると、思ったより大きいが、動きは早い^^;

広場を一周してツリーのもとに戻っていく クリスマスへの始まりを祝う一大イベントだったみたいで、素晴らしかった

まだまだ飲んで食べている皆にサヨナラして、先生と私は芸術の丘のそばの演奏会会場へ。今日のはセミプロのアンサンブルだが、会場自体が歴史のあるところで、声楽の世界大会にも使われるらしい。クラシックのプロが居ると色々教えて貰えてあり難い。
ただ、昼間の芸術の丘の近くだからすぐわかると思ったが、意外と夜の灯りになると分りにくくて迷ってギリギリになった

駅の付近も夜になるとこんな風

間に合ってよかったー(笑)


外を覗くとこんな感じの場所

白い壁には金色で歴代の音楽家の名前が刻まれている

演奏もまとまって綺麗だったし、小さなホールだったけれど椅子一つにも壁の彫刻一つにも歴史が感じられ、とても面白かった。ネットでチケットを手配してくれた加納先生に感謝

帰り道、真っ暗なのでまた少し迷った^^;。

先生と2人だったからもあるけれど、半分迷っても写真を撮る自分にちょっと苦笑しながら進む。目印になる像に感謝してホテルへ。
私たちが一番最後だったようで、企画のC-proの代表とスタッフさんに挨拶して休む。グランパレスから歩いて15分くらいのシティホテルだったけれど、クリスマスの飾りも綺麗なオシャレなホテルだった。

すーごく充実した1日になった。良く歩いたけど感動の方が大きくてルンルン。夜中まで確認に待っていてもらってすみません。スタッフさんもあと少し、よろしくお願いします<(_ _)>







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。