水仙の風景いっぱい駆け足旅

2008年のウィーン学友協会ホールでのコーラスの演奏旅行で、ヨーロッパが大好きに! 駆け足の旅ですが「撮る」ことを楽しんでいます

写真を「撮る」ことが好きです^o^
今はiフォンが主で、上手ではなくても四角の枠に自分なりに考えて撮ってます。思い出の昔の写真から楽しみながらアップしていきたいと思います

ウィーンの旧市街


人付き合いが下手な私は、家族や夫婦以外で誰かと一緒に旅行するということも初めてだった。しかも、自分の合唱団だけではなく、先生の指導する日本各地の合唱団のメンバーも一緒。
特に年齢も体格も(笑)似た2人の方と仲良くなり、一緒に行動。寒い中朝早くからシェーンブルン宮殿に行ってあちこち覗きまわった。夕方は旧市街に出てケルントナー通りを闊歩しシュテファン寺院に上って町を見渡し、シューベルト生家を見学し…時間を決めて待ち合わせ迄一人で王宮に入ったはいいけれど、発掘作業場を見たりうろうろしていたら暗くて途中で迷って怖い思いをしたっけ…
1人ではいかなかっただろうけど、3人だったから電車も乗ってみた。何もかもが珍しく、変わった建物や夜の電飾等を楽しんだ。


古くからの建物と新しい建物が混在していて、変わった建物も多い。
その中を馬車がスピードを出して走り抜けたり…面白い街だ。移設だけでなく、工事中の建物の改築の場所では内部をどうやって作っているのか分って面白い。煉瓦やコンクリなのに局面の建物が興味高かった

クリスマスの時期というのもあって、飾りが綺麗だったし、人々も楽しそうだった



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。