水仙の風景いっぱい駆け足旅

2008年のウィーン学友協会ホールでのコーラスの演奏旅行で、ヨーロッパが大好きに! 駆け足の旅ですが「撮る」ことを楽しんでいます

写真を「撮る」ことが好きです^o^
今はiフォンが主で、上手ではなくても四角の枠に自分なりに考えて撮ってます。思い出の昔の写真から楽しみながらアップしていきたいと思います

下宿の仲間と東京めぐり3 二重橋とフェリーの東京湾めぐり

東京駅迄、地下鉄で行けば間に合う時間だったが、立体陸橋を渡っていくのが大変と言うお嬢様方もいるので、大した距離ではないしタクシーで。ところが思ったより回り道されて3000円弱掛かった。普段は東京は一方通が多く、混み具合も読めないから殆どタクシーは遣わないからよくわからないけど…うちから東京駅でも2000円以内だから随分ボラれた気がする^^;。


まあ言っても仕方ないことなので、気持ちよく福島産のそば、天ぷらそばやとろろそばを食べて丸の内南のはとバスセンターへ。

ぐるっと国際フォーラムの交差点を右折して、

馬場先門から一端皇居に近づいて、今度は左折して楠正成の銅像近くの駐車場へ。

旅行者もなかなか通り過ぎてもとどまらないので、人気なのかもしれない。

内部はこんな風で、最新型だそうだ。予約時間の関係で、指定が二階の一番前に3人でルンルン。

二重橋での写真タイム30分でーす、とか言われたけれど、駐車場から行くのに信号が1つあって10分ちょっと、楠正成の像迄見て戻ったら15分かかるかもで、間に合わない高齢者も多かったかも(笑)。私たちは早足でぎりぎり。

門まで行っていたら間に合わない

横はだだっ広い広場になっていて、天皇陛下の誕生日やお正月のお祝いの時、秋と春の一般通り抜けの時には人でいっぱいになる。テントが張られ、何重にも並んで待ち、荷物検査を受けて入るのに、とにかく長蛇の列になる。
そしそて向こうは大手町のオフィス街…不思議な場所かもしれない。

楠正成さんに挨拶し

ペニシュラ東京ホテルなどのある日比谷方面を左に見て右折

日比谷公園辺りに別れを告げ

祝田橋を越え、法務省や相棒の警視庁の建物を見て、修学旅行生たちでいっぱいの逆光の国会議事堂を通る

陸軍大臣帝跡のすこーし色づき始めた並木を通って

赤坂のプルデンシャルタワーが高く見える並木を進む

説明を聞きのがした建物^^;何だったんだろう?

東京タワーや増上寺を横に見て

一路日の出のフェリー渡船場へ

かなり大きなフェリー
ディナーやダンスができる大会場が2フロアーとガラス張りの展望デッキ、上階の外の展望デッキ、そして地階の客室などに別れている

入ると扉が閉まって、クリスマスムード

私たちのフロアは2つ下

りっぱにしょくじができるフロアだが、私たちは乗車のみ(笑)

窓側に座って

目線の海を眺める この間渡ったレインボーブリッジが見える

上のデッキに探検に行く


ここが一番高い場所

のんびり椅子に座って海を眺めるのもよし(笑)

スカイツリーも見える 白い点はかもめ(笑)

レインボーブリッジをくぐって行く

越えると

新橋方面のビル群がみえる
晴れて暖かい日だったので、風も心地よく外で過ごせて楽しかった 明かり取りの天井窓

お台場シティーを過ぎて中央に出てから回って

日の出に戻る またレインボーブリッジの下をくぐる

段々日が暮れて来た

部屋に戻って下船の用意

お疲れ様で、バスにて出発した東京駅に戻る。汐留から築地、歌舞伎座を通って

和光の時計台

朝から後楽園庭園、鳩山会館、はとバス半日ツアーと盛りだくさんの1日だった。同じ東京駅だけど、バスの中から見ると違う場所みたい(笑)
だから、街探索は面白くてやめられない

バスを降りたら友達はそれぞれの新幹線に乗るので、ホテルに荷物を取に行く。ここで、また会おうねと別れる。


おまけ
14日は結婚記念日だったので、一度家に戻って、夫婦で私達にはとっても珍しく外食へ
地中海料理のお店からのプレゼントプレートは、特上プリン!! お腹いっぱいだったので、お持ち帰りにしてもらった。美味しいものは人を幸せにする(笑)

これからも楽しい日々を過ごせるよう、元気でいなくちゃね(^_^)v


見ていただいてありがとうございました



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。