水仙の風景いっぱい駆け足旅

2008年のウィーン学友協会ホールでのコーラスの演奏旅行で、ヨーロッパが大好きに! 駆け足の旅ですが「撮る」ことを楽しんでいます

写真を「撮る」ことが好きです^o^
今はiフォンが主で、上手ではなくても四角の枠に自分なりに考えて撮ってます。思い出の昔の写真から楽しみながらアップしていきたいと思います

横浜山手の西洋館めぐり2018 その2

月曜に友達と山手西洋館の「花と器のハーモニー」のイベントがあるので見学に行ったが、ランチが主だったので、残念ながら半分でランチに回った。
ネットの写真が余りに綺麗で、途中だったのがかなり残念だったので、天気がいい土曜に主人と今度は石川町のほうから回ることにした。


駅から直ぐ急な坂道になっていて、面白いマンションがあったりする。

ここでいいのかな?というような入口(笑)から坂を上って行く、ブラフ18番館。こっちから出てくる人もいる(笑)

階段を上りきったら平らな広場に、明るい色の建物が建っているので意外な感じだった

ここから入る

カラーの白と緑、ブルーグリーンの窓枠、ベージュのカーテン、テーブルクロスの色がしっかり馴染んでいる

ブルーグリーンは清々しい

元々あるものを利用したりカバーしたりしてアレンジしてある

色と水色のすっきりとした部屋の色に、赤とピンクの花が華やかだ

マカロンもおいしそう

ウエディングドレスと超ロングブーケのアレンジ

籐の椅子と優しい色目の窓枠にダイナミックなアレンジ

展示のものだけでなく、見学の人が座れる部屋もある。

子供部屋のなんてかわいいこと!!

バラまでが美味しそう(笑)

彫刻風のデザインで、とても変わったドアだった

外に出て回るとこんな感じ 白にブルーグリーンのウィンドカバーがツートーンで素敵

庭の丘に、模型の西洋館が並べられていて可愛かった

模型たちの横の階段を上がると「外交官の家」が見えてくる。

階段を上がったら幾何学的なデザインのお花畑が出現!

外交官の家側から見るとこんな感じで、緑の庭園の向こうに現代的なビル群が広がる不思議な眺めだ

外交官の家の裏側から入っていくと、昔からの建物と今のガラス張りの建物の継ぎ目は瓦ぶきの板壁の建物が僅かに見えて面白い

ここの所が外交官の家と今の事務室と喫茶店のある建物の間。

正面側に回るとこんな感じ オフホワイトの板壁とこげ茶のウインドカバーが素敵だ

ここが本来の玄関、ステンドグラスが凛としている

家の中にもくりぬき窓にステンドグラスが使われている

ダイニングの重厚感のあるバラと緑のアレンジが圧巻

奥から見ても豪華だ

暖炉にも立体的なアレンジ

ノリタケの食器とのコラボは素晴らしい

階段の吹き抜け部分 階段の木部の色が濃いので緑とも、白いしっくいともよく合う

客室のバイオリンとガラスのコップが涼し気

締切になっていないのが解放感があっていい

暖炉周りはこげ茶の木部と漆喰の白がステキなコントラスト

外から見ると八角形に見える部分。開放的な空間に押さえた色目の花が楽しい

華奢な感じのウエルカムボードがスッキリとしている

リースも、緑のカラーが素敵

デスクの緑の花瓶はインパクト大

青系の花はすっきりした感じ

オーガンジーの下には1枚1枚の花びらが…

光りがたっぷり注いで気持ちいい デルフェニウムが透き通ってみえる

こんなに素敵なところで飲むシャンパンは最高でしょうね

階段上にもふわふわのアレンジ

青い花の縦長のアレンジには、デルフェニウムが大活躍

小さなブーケが可愛い

階段を降りると、ダイニングのさっきのパープルのドレープたっぷりのテーブル・アレンジが、やはり気になる(笑)

ナプキンもこんな風にあると一段と素敵

お料理はまだ~って感じ(^o^)

外から見て凛としていた玄関。すぐ横には待合の部屋がある。

可愛いバラの庭を通って旧山手68番館へ歩く

歩く途中にも普通に使われている、西洋館の面影を持つ家も沢山ある。

鱗の屋根のおうち

カトリック山手教会から横道へ入ると森があって… テニス関係の建物が多い

庭球発祥の地の碑 大正3年12月生まれの父もテニスをしていたらしく、阿蘇のテニスコートで、一度だけラケットを振っているのを見たことがある。「庭球」なんて字を見て何だか懐かしくなった。

日本初の運動公園の碑 この先にちょっとした(笑)広場がある

旧山手68番館は、今はテニス事務室として使用されている

当時の扉とランプが粋

天井はガラス張りで明るい

水色と白が爽やかな感じ

本通に戻って少し歩くが、あっちもこっちも坂ばかりだ(笑)

そしてベーリック・ホールへ

外観も赤屋根がハイカラで暖炉の煙突が目立っている

入口のベージュの壁にガーベラが映える

広いホールのグランドピアノの横に、背の高い大きな器から、デルフェニウムに囲まれた百合の甘い香りが漂う

グランドピアノとレースと百合、素敵なアレンジになっている こんな場所でダンス等踊れたら最高だ

水色の窓枠にすっきりとリースが大人っぽい

鉄枠の扉の向こうには可愛いピンクのバラたちと白のトピアリーもスッとして上品

鏡を置いての演出は新しいかな?

蛇口にも水のイメージでアレンジ

階段の鉄枠の冷たさも、造花と生のお花のアレンジで暖かく

和風のアレンジもあり

水色とピンクは絶対の相性

ガラスの器がキラキラして素敵

濃い水色の壁に楽しい形の窓、オーガンジーのベッドカバー、最高!

優しいアレンジだ

息子用の部屋らしいが、すっきりとして素敵だ

不思議の国のアリスのうさぎそのもの(笑)

青い壁で大人の雰囲気のお部屋

斜めのブーケが可愛い

書斎にはエレガントな形の譜面台に楽譜がのっている

ガラスの器に入った多肉植物がグー


子供部屋と同じ窓があるけれど、ピンクベージュの壁はまた違う

円柱の箱は何故こんなに可愛く見えるのだろう^^;。

スッキリしたタイプのドレッサー

ベージュのレースのカーテンにぴったり合うバラのアレンジ。

こんな素敵な食器でお茶できたら美味しいだろうな~

ゆったりした空間に素敵なアレンジばかりで夢のようだった

写真が沢山すぎるので^^;続きの再度トライのエリスマン邸と山手234番館は次回に回します。
お付き合いいただきありがとうございました(=^・^=)






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。