水仙の風景いっぱい駆け足旅

2008年のウィーン学友協会ホールでのコーラスの演奏旅行で、ヨーロッパが大好きに! 駆け足の旅ですが「撮る」ことを楽しんでいます

写真を「撮る」ことが好きです^o^
今はiフォンが主で、上手ではなくても四角の枠に自分なりに考えて撮ってます。思い出の昔の写真から楽しみながらアップしていきたいと思います

都電とバラ、建物とバラの撮影会

すること、すべきことは山ほどあるくせに、早くカメラに慣れたくて、26日懲りずに撮影会に参加した。今度は都電とバラ・旧岩崎邸の建物とバラを撮る。見るに堪えかねて、カメラの設定や構え方等を主催者のSさんが教えてくれたりして、できないなりに、ほほ~っそうなのかと納得することが沢山だ。


場所を決めてそのファインダーの枠内に配置を決め、じっと電車が来るのを待つなんて初めての体験だ。都電にはかなりの種類があり、色とりどりの電車が通るようだ。その結構な都電が来るたびにカメラを構えるのだが、連写にしても「ここだ!」という配置のタイミングがなかなか思い通りにいかない。早すぎたり行ってしまったり(-_-)


それでも慣れとはすごいもので、ちょっとだけ感覚は分ってきた。元が元だけに進捗度は大きいのかもしれない(笑)。
最初は三ノ輪駅から町屋迄、のんびりと電車とバラのいい場所を探しながら歩く。
「関東の駅百選」なるものがあることを初めて知った。三ノ輪駅もその1つらしい。

真ん中あたりにピントを合わせて待っているのだが
まだちょっと早い

あら、いっちゃった(>_<) ってな感じだ

バラにピントあわせようか…

やっぱ、電車かなぁ と、悩んだり…

今迄、カメラを構えて何でずっとしゃがんで撮ってるんだろうと思っていた人たちは、色々と考えて撮っていたんだね~(笑)。
青い電車

薄い青で横が白の電車

全体が薄い青の電車

赤の電車

オレンジで横が斜めのストライプ


紫の電車

黄色で宣伝入りの電車

黄色で横が白の電車

緑のライン入り電車

電車だけでも相当な種類があった。バラがもう終わり掛けのようで、綺麗な所と電車を組み合わせるのがなかなか大変だったが、下手なりに少し分ってきたような気がする(笑)


町屋迄のんびり撮りながら歩いて、中華屋さんで昼食。続いて旧岩崎邸へ回る。其々自由に待ち合わせの時間までで撮る。


この煉瓦作りの建物も有名だがこれだけではなく

バラだけも綺麗だが、バラだけでもなく…


建物とバラの両方が入るところを探すのは、いざ撮るぞと思ってみると結構大変だ。
近いとこんなになってしまうので、離れたところから。

人も沢山いるのでなるべく入らないよう待つ(笑)

窓とバラ


引いてしまうとバラが入らない(笑)

斜めの場所からバラを入れてみた

裏手には緑豊かな場所があるので下りて行った

でっかい鯉がゆうゆうと泳ぐ

途中の階段の石、この青い石は実家の玄関の床の石と同じで何だか懐かしかった

ベンチで若い女性が数人でたこ焼き?を食べていて、それを真剣に見ている猫

売店で嫁に買ったお土産。
バラの紅茶、バラのクッキー、バラのジャム…バラ尽くしだ(笑)

色々アドバイスを貰ったり実際思い通りにいかない経験をしたので、下手なりにまた少し分ってきた様に思う。尤も私の場合はじっくり待って美しく撮るのより、歩きながらのスマホ撮りがあっているかもしれない(笑)。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。