水仙の風景いっぱい駆け足旅

2008年のウィーン学友協会ホールでのコーラスの演奏旅行で、ヨーロッパが大好きに! 駆け足の旅ですが「撮る」ことを楽しんでいます

写真を「撮る」ことが好きです^o^
今はiフォンが主で、上手ではなくても四角の枠に自分なりに考えて撮ってます。思い出の昔の写真から楽しみながらアップしていきたいと思います

今年の桜その2 3月29日 いいとこどり川下り

今年の桜の2つ目のメインは、日本橋渡船場出航の船からのよくばり桜巡り!!


大横川は2年前も今年も通ったが、もっと奥に進み平久川や小名木川を廻って日本橋に戻ってくるコース。たのしみ~♬。


日本橋から出発だが、この船の会社は当日の乗船1時間前から、予約した時間のチケット販売と整理券配布する。その順番に船に乗れるので皆結構速く並ぶ。私もせっかくなら一番前に乗りたいので整理券配布の一番乗り(笑)。その後どんどん混み始める

乗船は10半からで1時間20分掛けて巡る予定。主人は2時から会社なので、降りたあと直ぐ近くで軽い和食ランチを予約した。ネットでは調べたけれど、この待ち時間に実際に道順を確認したり桜餅を買ったり♪。
戻ってきたらこんな具合になっていたので、ちょっと優越感(笑)

数日前と同じ場所から出航なのだが、やはり温度が上がっている分桜の開花は申し分ない。後から気付いたが、船に飾りとしてくっ付いている桜がじゃまだった…(-_-)

ちょっと大きめの船だ。 乗ったら皆、かけてあるオレンジのライフジャケットを着る。

花筏の合間を鳥たちが泳ぐ

花筏の日本橋川から一度隅田川へ 高層ビルの下の桜が箱庭の桜草のようだ(笑)

途中から大横川に入る

天気もいいし、そろそろ散りだして綺麗だ~

いやもう満開 たわたわの花たち。はらはらと花びらが舞いながら落ちる中を進む

黒船渡船場付近 区の手漕ぎ和船も出ていて、主人の町会の知り合いも漕いでいる

こんな真っ直ぐに続く桜も中々ない。しかも人がワイワイ宴会もしていない(笑)

このあたりでは、一番美しい設計の橋だそうだ。

皮がT字になっている所を左に進む

今回は慣れない動画も撮った。花吹雪だけは、動いていないと分らないから!。

大横川の花見その2
平久川に入るとスーッと真っ直ぐ この桜の下は一般住宅で水辺からしか見えない

昔の木場のレリーフがある木更木橋

動画その2 慣れていないのでどこを撮ったら効果的とか、アップとか引くとか全然考える余裕がなくてなくて下手だけど、桜は綺麗だと思う^^;。

ため息をつきながら、つつつっと進む

スカイツリーが遠くに見える 向こうに行くと小名木川

仙台堀川辺り

十字路を船が行き交う

すごい並木だったねーと振り返る(笑)

路線が変わり、花筏が流れる

そして、色々な橋をくぐる

海岸沿いだったので、松も多いらしい

海に近いとかなり波が高くなる。先頭座席はひざ掛けと、波除けを貰っている(笑)

小名木川から又隅田川に進む

振り返るとこんな感じ

水門の向こうは隅田川

隅田川も川下で海と近いので、結構風が強く、マイクにも風が入る

また日本橋川へ戻っていく。花筏に川鵜が見える

やはり「よくばりコース」と言うだけあって、色々な川に入って少しずつ違う眺めを見られて満足。桜並木になっていてもその横に道がない裏手も、川側から見られて素晴らしかった。ありがとうございました、お疲れ様でした。

私たちは、急いでで近くの和食の店にランチを食べに行く。
オフィスからの人たちも旅行の人たちもいる、安価な創作和食の店だ。先ず前菜 梅、タコのわかめとからしこんにゃく昆布、発酵飲料

刺身は、ちょっと盛り方がぶこつのような^^;。丸皿だからだろうか…

みそ仕立てのゆば、お肉、サトイモ筍の煮物。甘系の汁に山葵がぴりり

ご飯も少し粗雑かな…海の素材のお茶漬けにするのが一番よさそうだ。味は良かった。

味噌汁と漬物 とご飯はおかわり自由(笑)

デザートはゆずのアイスと酒粕のムース。美味しかった~、ところがお酒が好きな主人なのに「匂わない」と言う。鼻ツンの人は残念だ、こんなに仄かに芳るいい匂いなのに!。

オフィスビルの間にあるので、さっさと食べて出ていく人達もいるし、ほっと素材を楽しみながら食べる人もいる。これで簡易個室、ウェルカムシャンパンがついて2800円だったからお得だと思う。
この春の桜見物は終わりだねーと言いながら主人は会社へ。私は銀座三越に寄り、今月で切れるクーポンがあるので(福岡の岩田屋デパートと提携している)クーポン分のお菓子を購入。帰りは日比谷の本やの近くのオバサン御用達店を数件を見て回るも、ぴったりくるのはないかった、残念(笑)
楽しいお花見とそこそこ美味しいランチ、良かったね。やはりちゃんと調べて予約取って、ゆったりしたランチを味わいたいものだ。


撮り手の勝手な、ここぞという場所も分らずの花見報告なので、見せられる方は飽きたのではないかと心配(笑)です。お付き合いありがとうございました。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。